カンファレンス「日本におけるリトアニアのクリエイティブイメージ:課題と機会」

10月23日 16:30-18:30

会場:リビングデザインセンターOZONE 1Fギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー1階

リトアニアの近代史と、それが創造性にどのように影響したかを詳しく見てみましょう。リトアニアのクリエイティブなプロダクトは何でしょう?100年前のリネンと琥珀製品でしょうか?それとも、大げさな現代アートでしょうか?それともその間の何かですか?秘密をお伝えしましょう-リトアニアにはいくつかの秘密があります。伝統的、interwar時代(第一次世界大戦終了から第二次世界大戦開始まで)、初期の独立期、現代です。これらのイメージと、それぞれの時代の創造性に、どのように影響したかについてディスカッションをしましょう。

会議では、リトアニアのインバウンド観光客とクリエイティブなイメージについて議論し、リトアニアのクリエイティブ産業に関する知見を提供するとともに、リトアニアのイメージとリトアニアのクリエイティブプロダクトがどのように日本に受け入れられるか、その課題と機会を検討します。

Conference ``Creative Image of Lithuania in Japan: Challenges and Opportunities``.

October 23, 16:30-18:30

Venue: Living Design Center OZONE, Ground floor gallery
Address: Nishishinjuku, 3 Chome−7−1, Tokyo

Let’s take a deeper look to recent Lithuanian history and how it affected creativity. What is Lithuanian creative product? Is it century-old linen and amber craft products? Or hyped contemporary art? Or something in-between? Let us tell You a secret – there are more than one Lithuania: traditional, inter-war, early-independent and contemporary. Let’s discuss these images and how the affected creativity in every era.

Conference discusses the international tourist and creative image of Lithuania, provides insights on Lithuanian Creative Industries, simultaneously discovering challenges and opportunities of how Lithuanian image and Lithuanian creative products are received in Japan.

イベントのスポンサー

Event is sponsored by

16:00-16:30
受付

16:30-18:30
時間

18:30-20:00
カンファレンス後のピンクスープパーティー

16:00-16:30
Registration

16:30-18:30
Conferece

18:30-20:00
Pink Soup Networking Party

話し手 / Speakers

 “リトアニア音楽の裏側”

By ヴィタウタス V. ヤーギトス

ヴィタウタスは、リトアニアが独立し、西ヨーロッパのメディアが身近になった時にはすでに10代でした。独立後の「自由」は「機会」を意味し、リトアニアの多くのアーティストが公演し、多くの才能を育て、レイヴカルチャーからフォークポップミュージックビデオまで、多くのユニークな活動が誕生しました。それらを全て目撃してきたヴィタウタスが、独立初期のリトアニアの音楽ステージを提供します。

大戦のはざまの、大胆で輝かしい資本主義”

Behind the Stage of Lithuanian Music
By Vytautas V. Jurgutis

Vytautas was already a teen when Lithuania got its independence and consumed all the new Western media with awe and curiosity. Freedom means opportunity, therefore quite some Lithuanian artists elbowed their way to show business, raising lots of talents and creating quite some funny situations: from eerie beginnings of rave culture to folk-pop music videos, Vytautas witnessed it all and will share the early years of independent Lithuanian music stage.

インタラクティブ ストーリーテリング
By アンドリウス・レカヴィシウス

アンドリウスの映像制作の中心的テーマは、リトアニアの歴史と伝説的な人物です。テーマはしばしば難しく、それゆえに革新的なメディア形式を活用し、レンズを通して好奇心と豊かな物語を展開します。アンドリウスは、間違いなく、キャラクターと共に多くの新しい冒険を通じて、舞台裏のトリビアを教えてくれるでしょう。

Interactive storytelling
By Andrius Lekavičius

Andrius’s film-making career spins around topics of Lithuanian history and legendary personalities. Often the topics are uneasy, therefore Andrius works with innovative media formats to unfold curious and rich stories behind the lense. Undoubtedly, with it Andrius goes through a lot of new adventures together with characters and will tell us some behind-the-scenes trivia.

大戦のはざまの、大胆で輝かしい資本主義
By ラムナス・ミンケビチウス

第1次世界大戦と第2次世界大戦の間に、西側資本主義諸国のブランドと広告文化がリトアニアに入ってきました。buy-and-be-happyな資本主義時代の新鮮な風がリトアニア人を魅了しました。

紙製のタイムマシンで、リトアニアのinterwarへ。その時代の広告は、西側資本主義諸国の価値観がリトアニアの伝統と文化と混ざり合っています。

 ラムナスが私たちを、リトアニア人のメンタリティの脱構築と西ヨーロッパの資本主義との初めての出会いの場に連れて行ってくれます。さあ、シートベルトを締めて!

Bold and Bright Capitalism of Interwar period
By Ramūnas Minkevičius

During Interwar time, Western brands and advertising culture reached Lithuania. The fresh wind of buy-and-be-happy capitalism era dazzled Lithuanians.

Paper-made time-machine taking you back to the inter-war era in Lithuania. In Interwar advertisement Era, Western values are mixed with Lithuanian traditions and culture.

Ramūnas will take us together to a deep dive of deconstructing Lithuanian mentality meeting Western Capitalism for the first time. Buckle-up!

リネンの国の21世紀を考える
By セルゲイ・グリゴイエフ

セルゲイは、リトアニアに日本文化を紹介する国際的なプロジェクトをキュレーションし、また、逆にリトアニアのアーティストを日本に紹介しています。リトアニアには、リネン、琥珀、そして大自然の国であるというかなり限定的なイメージがあります。しかし今、リトアニアのイメージを発展させる時ではないでしょうか?セルゲイは、日本におけるリトアニアの未来について、あなたに確信を持っていただくことを目指しています。

How to bring Land of Linen to 21st century
By Sergej Grigorjev

Sergej curates international projects of presenting Japanese culture to Lithuanian audiences and vice-versa – bringing Lithuanian artists to Japan. Latter project forms a paradigm of rather limited image of Lithuania as a country of linen, amber and great nature. Maybe it’s time to expand these views? Sergej will aim to convince You about the future image of Lithuania in Japan.