リトアニア アート&デザイン展

10月18日〜27日 10:30-19:00

会場:リビングデザインセンターOZONE 1Fギャラリー
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー1階

これまで3年間、「Creative Lithuania」プロジェクト(「Lithuania:Creative&Contemporary」)は、リトアニアの伝統的、現代的なアーティストやクラフト作家、デザイナーを通じて、その多様性を紹介してきました。
リトアニアにはリネンや民芸品以上のものがあります。

「Creative Lithuania」は、現在のリトアニアの、若くてエネルギッシュなデザイナーやクリエイティブな才能を紹介します。エキシビションやワークショップ、ピンクスープパーティー、ネットワーキングイベント、カンファレンスを通じて、リトアニアのイメージを新たにしてください。

エキシビションはDesignArtプロジェクトの一部です。

Art and Design of Lithiania

Oct. 18-27, 10:30-19:00

Venue: Living Design Center OZONE, Ground floor gallery
Address: Nishishinjuku, 3 Chome−7−1, Tokyo

For already 3rd year, “Creative Lithuania” project (formerly known as “Lithuania: Creative & Contemporary”) gives You a chance to see the diversity of Lithuanian traditional and contemporary artists, crafters and designers.

There is more to Lithuania than linen and folk crafts. “Creative Lithuania” presents contemporary minds, young proactive designers and creative prodigies. Let’s refresh the image of Lithuania via exhibitions, workshops, Pink Soup Party, networking evenings and conference.

Exhibition is part of DesignArt project.

絵師 / Artists

ユータナシア コースター
Byユリヨーナス・ウルボナス

 Euthanasia Coaster」は、人道的に、そして優雅さと幸福感を持って設計された、ジェットコースターの形をした仮想の安楽死マシンで、搭乗者の命を奪います。搭乗者はジェットコースターに乗って、幸福感、スリル、視界や意識の喪失などを経験し、最終的には死に至ります。このプロジェクトが一般公開されており、多くのメディアの注目を集めました。

ユリヨーナス・ウルボナスは、アーティストで、デザイナー、研究者、エンジニア、ビリニュス芸術アカデミーの教授であり、現在はロンドンロイヤルアートカレッジの博士課程にも在籍、かつてはアミューズメントパークのCEOでもありました。

EUTHANASIA COASTER
By Julijonas Urbonas

“Euthanasia Coaster” is a hypothetic euthanasia machine in the form of a roller coaster, engineered to humanely – with elegance and euphoria – take the life of the rider. Riding the coaster’s track, the rider is subjected to a series of intensive motion elements that induce various unique experiences: euphoria, thrill, tunnel vision, loss of consciousness, and, eventually, death. Since its presentation to the public, the project has become commonly featured in media.

Julijonas Urbonas is an artist, designer, researcher, engineer,  Professor at the Vilnius Academy of Arts, PhD student in Design Interactions at the Royal College of Art, London, former CEO of an amusement park.

大戦のはざまのポスター展
Byラムナス・ミンケビチウス

紙のタイムマシンが、あなたをリトアニアのinter war時代(第1次世界大戦と第2次世界大戦の間)にお連れします。この時期に、リトアニアに西側資本主義諸国のブランドと広告文化がもたらされました。このポスター展では、西側諸国の価値観とリトアニアの伝統と文化が混ざり合っています。この結果、顧客への独特なアプローチと、かなり風変わりな独自のイラストが生まれました。この時期の広告主は売ることに熱心で、それを恥じておらず、私たちに広告の素朴さと率直さを教えてくれます。優雅に広告した人もいれば、それほどスムーズではなかった人もいましたが、いずれにせよこれは私たちの歴史の一部であり、白黒であるにもかかわらず、とても色あざやかな歴史となっています。(ほとんどの広告は白黒で印刷されていました)。

ラムナス・ミンケビチウスが20代後半、企業のマーケティング担当者だった頃、カウナスの図書館のひとつにinter warの新聞が残されていました。彼はこれらの新聞の大量の広告が訴えかけてくる叫び声に釘付けになりました。リトアニアでは、それまでこの 時代の広告についておおっぴらに語られることはなく、彼はこの空白をきちんと埋めることに決めました。その後、彼の著書「inter warのリトアニアの広告」が出版されました。

INTERWAR POSTER ADS
By Ramūnas Minkevičius

Paper-made time-machine taking you back to the inter-war era in Lithuania. It was the time when Western brands and advertising culture reached Lithuania. In this poster exhibition, Western values are mixed with Lithuanian traditions and culture. Thus, producing rather quirky and original illustrations with peculiar approach to customer. Advertisers of the interwar period could really teach us some naiveté and forthrightness – they were eager to sell, and not shy to be blunt about it. Some did it with grace, while others weren’t as smooth. In any case, this is part of our history – and what a colourful history it is, despite being in black and white (most of adverts were printed in black & white).

Ramūnas Minkevičius was a marketing guy. In his late twenties was leaving inverwar newspapers in one of the libraries of Kaunas when his eye caught a huge amount of shouting advertisements. No one in the country had ever spoken loudly before about interwar advertising. So young man decided to fill the gap in a decent way. After year his book “Interwar Lithuanian advertising” came out.

CODE OF FREEDOM. 1991
Byアンドリウス・レカヴィシウス 

 Code of Freedom. 1991」は10分間のVR体験です。視聴者はカメラを備えたジャーナリストとして1991113日にビリニュステレビ塔で起きた「血の日曜日事件」の現場に入り、紛争ジャーナリズムの最も厳しい決定を下さなければなりません。−ジャーナリストとしてソビエト軍の侵略の証拠を撮影するか、負傷した平和的なデモ隊を救助するか−。VR体験では、実際の出来事に基づいたアーカイブオーディオとアニメーション環境を使用して、ユーザーが自分で行動を選択するドキュメンタリーを作成します。

アンドリウス・レカヴィシウスは、最高品質の音響・映像作品を制作する、オールラウンドなメディアストーリーテラーです。彼の最新のアニメドキュメンタリー「デルタ動物園」は、リトアニアの映画館や世界中の映画祭で上映されました。 1990年代に育った彼は、現在、今のリトアニアの、非常に重要な変革の時期に焦点を当て、創作活動を行なっています。

CODE OF FREEDOM. 1991
By Andrius Lekavičius

“Code of Freedom. 1991” is a 10-minute VR experience, in which a user enters the bloodshed at Vilnius TV tower on January 13th, 1991 as a journalist with a camera, and has to make the toughest decisions of conflict journalism – to either film and make evidence of the Soviet army’s aggression, or to help wounded, peaceful protesters. Using archive audio and animated environment based on real events, the VR experience will create a documentary where users can make their own decisions.

Andrius Lekavicius is an all-around media storyteller directing high-end commercial and non-commercial audiovisual production. His latest animated documentary “Delta Zoo” was successfully screened in cinemas across Lithuania and festivals around the world. Growing up in the 1990s his creative focus is now on this period of essential changes of the country.

知らぬが仏
Byアグネ・クチェレンカイト

産業革命以来、無知と怠慢が、私たちの使い捨て文化の中にゴミで溢れる埋立地を生み出しました。「知らぬが仏」は、飲料水や土壌浄化産業からでる金属廃棄物を色素として新しい商品や手法を生み出すことによって、金属廃棄物の価値を再生する、進行中のプロジェクトです。これらの色は完全に廃棄物の色素から取り出されており、驚くべきことに、原材料が汚染されればされるほど作品は色鮮やかになります。各セラミック製品は個性的、かつ手作りで、高品質の磁器を使用して製作されています。

アグネ・クチェレンカイトは、原材料を価値あるものや手法、システムに変え、デザインと社会、産業、環境の相互作用を追求することを楽しんでいます。彼女のデザインプロセスは、深い研究と実験的アプローチ、実践によって特徴付けられ、歴史的および社会文化的な背景に動機付けられています。

IGNORANCE IS A BLISS
By Agne Kucerenkaite

Since the Industrial Revolution ignorance and negligence has generated overloaded landfills in our throw-away culture. ‘Ignorance is Bliss’ is an ongoing project about reincorporating value of metal waste by applying it as a pigment from the industries such as drinking water supply and soil remediation companies into new valuable products and methods. The colors are retrieved purely by using pigments from waste. In this project, surprisingly, the more contaminated the raw material, the more vibrant designed objects are. Each ceramic piece is unique, hand-crafted, and created using high-quality porcelain.

Agne Kucerenkaite enjoys working with raw materials, transforming them into valuable products, methods and systems, seeking interaction between design, society, industry and environment. Her design process is characterized by in-depth research, experimental approach and hands-on practice, motivated by historical and sociocultural contexts.

4つのリトアニア
By VARVA JEWELLERY

リトアニアは美しい自然が有名です。バルバジュエリーは、このエキシビションのために制作した作品の中で、リトアニアの自然の豊かさに対する彼女の視点を表現しています。このシリーズでは、リトアニアの沼地、海辺、麦畑、森の時間を、まるで凍らせたかのように切り取っています。

レジン(樹脂)で作られた各作品には、リトアニアの植物や樹木を使用しています。このプロジェクトは、自然の記憶と、自然素材だけを使用する生活の記録を目的としています。

FOUR LITHUANIAS
By VARVA JEWELLERY

Undoubtedly Lithuania is known for its beautiful nature. In its series of work specially created for exhibition in Tokyo, Varva Jewellery presents her take on richness of Lithuanian nature. In her series, Varva Jewellery presents frozen-in-time moments of Lithuanian swamp, seaside, wheat-fields and forest.

Made of viscous resin, each piece contains unique inclusions of plants and trees. Project aims to preserve memories from nature and living with only natural materials used.